米国と韓国は28日午前、ソウルで米韓定例安保協議(SCM)を開いた。米国からはマティス国防長官、韓国からは宋永武(ソン・ヨンム)国防相などが出席し、北朝鮮情勢への対応について協議した。

協議後の共同記者会見でマティス氏と宋氏は、原子力空母や戦略爆撃機など米軍の戦略兵器の朝鮮半島周辺への展開をさらに拡大するなど、連携を強化することで一致したと明らかにした。

協議に先立ち、マティス氏は27日、宋氏とともに南北軍事境界線の板門店を視察し、「われわれの目標は戦争ではなく、朝鮮半島の非核化を成し遂げることだ」と述べた。