核兵器と弾道ミサイル開発を進め、世界中を相手に戦争でも始めそうな勢いの北朝鮮。しかしその内実を見ると、経済的な困窮は相変わらずで、本当に戦争遂行能力を有しているのか激しい疑問が生じる。

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の総参謀本部は今年9月、道内駐屯の第12軍団をはじめとする全国の部隊に対して軍糧米を供出するよう指示を下したという。国防力の根幹に関わる内容だけに、金正恩委員長が直接下した指示であるのは間違いない。

軍糧米は本来、国が軍に配給するものだ。配給しておいて、足りなくなったからといって差し出せというあべこべの命令に、兵士たちの不満が渦巻いている。