韓国が、高高度無人偵察機グローバルホークで北朝鮮を監視する部隊を空軍に新設する。

韓国空軍は20日に行われた国会国防委員会による国政監査の業務報告で、今年12月1日付で「航空情報団」を創設する計画だと明らかにした。2018年と19年に2機ずつ導入するグローバルホークを運用し、北朝鮮の重要施設を監視するという。

10万平米を監視

グローバルホークは高度1万8000メートルで最長34時間も滞空できる。