経済制裁に苦しむ北朝鮮で「牛泥棒」が横行する理由

北朝鮮の農村で牛泥棒が続発している。保安署(警察署)は捜査に乗り出したが、牛を取り戻せるケースはほとんどないという。それは北朝鮮特有の事情に起因する。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

朝鮮半島において牛は昔から食用ではなく、畑を耕したり荷物を運んだりするのに使われてきた。韓国では機械に取って代わられて久しいが、北朝鮮ではまだまだ現役だ。協同農場に登録された牛は国家財産として扱われ、許可なき転売、屠殺は処刑される可能性すらあるほどの重罪だ。

絶対に捕まらない犯人

それでも毎年、春以降に牛泥棒が横行する。今年は特にひどかったという。国際社会の経済制裁による燃料不足が激しさを増し、農業用の機械を使えなくなったためだという。

(参考記事:経済制裁が北朝鮮の国民生活を直撃…「核開発は不愉快」庶民感情が悪化

咸鏡北道の情報筋によると、清津(チョンジン)市青岩(チョンアム)区域の稷下(チッカ)協同農場から数回に分けて牛7頭が盗まれた。周辺の農場を合わせると被害は数十頭に及ぶ。