北朝鮮と中国の密輸業者がタッグを組んで、スケソウダラの大規模密輸を企んでいる。

中国のデイリーNK対北朝鮮情報筋によると、中国でも北朝鮮でも海産物の小規模な密輸の動きが感知されているが、同時にかなり大きな規模の密輸も計画されているとのことだ。

密輸の話が度々持ち上がるのは、中朝両国の業者が禁輸令で苦境に追い込まれているからだ。

吉林省延辺朝鮮族自治州の延吉の市場では、今年初めまで1匹8元(約136円)で売られていたスケソウダラだが、中国商務省が8月に北朝鮮産の海産物の輸入を禁止する通達を出してから大幅に値上がりし、今では15元(約255円)とほぼ倍の値段となっている。