北メディア「核戦力高度化は自衛権」

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、核開発を正当化する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、世界のメディアと専門家の間から「朝鮮は核兵器を絶対に放棄しないだろう、と評する論調が出ている」と指摘した。

つづけて、「わが共和国の核保有、核戦力高度化は世界制覇に狂った米国から恒常的な脅威を受けている主権国家が当然保有すべき自衛権に属する。わが国家のこの権利を誰も奪うことはできない」と強調した。