北朝鮮メディア、米韓を非難…米戦略兵器の循環配備めぐり

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は10日、米韓が米戦略兵器の循環配備の拡大について協議していることを非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米国のトランプ大統領と韓国の文在寅大統領は9月21日の首脳会談で、韓国と周辺地域に米戦略兵器の循環配備を拡大することで合意。韓国国防省によると、現在緊密に協議されているという。

論評は、「これは共和国に対する重大な軍事的挑発として朝鮮半島を核戦争のるつぼの中にどうしても追い込もうとする危険極まりない行為である」と糾弾した。