韓国紙・朝鮮日報は9日、金正恩党委員長ら北朝鮮指導部に対する「斬首作戦」を含む米韓連合軍の機密文書が、北朝鮮人と思しきハッカーによって大量に盗まれていたことが明らかになったと報じた。

トイレの代用品も

同紙は韓国国会の国防委員会で与党「共に民主党」の幹事を務める李哲熙議員のコメントを引用し、昨年9月、韓国軍の国防統合データセンター(DIDC)に北朝鮮人と推定されるハッカーらが侵入し、合計235ギガバイト分の資料を盗んだと伝えた。