北朝鮮メディア「人権謀略騒動の終着点は体制転覆」…韓国文政権を非難

北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、韓国政府が「反共和国『人権』騒動を起こして無分別に振舞っている」と非難する論評を配信した。

論評は、韓国の統一省が「『北人権増進基本計画』に伴う『2017年度執行計画』なるものを樹立し、『北住民の自由権と社会権を統合的に改善して北の人権を実質的に増進』するための7つの『力点推進課題』なるものまで反映した」と指摘した。

つづけて、「米国と南朝鮮のかいらいがけん伝する『人権』謀略騒動は、『北の核脅威』と共に反共和国圧殺のための2大軸を成している」と指摘した。