北朝鮮メディア「自衛的核霊剣をいっそう強化していく」

北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は8日、署名入りの論評で「朝鮮の核戦力は誰それの論難の種になりえない」としながら、核開発を継続していく姿勢を改めて示した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「最近、国際舞台で朝鮮半島核問題の解決のためには朝鮮を核クラブに受け入れること以外に他の方途がないという世論が日ごとに拡散している」とし、国際社会が「『斬首作戦』をはじめ米国の定例的な合同軍事演習がもっと危険であると糾弾しているのはあまりにも当然な論理的帰結だ」と指摘した。

さらに、「われわれを核戦力保有と強化へと進ませた張本人はほかならぬ米国である。米国は、わが共和国を核先制攻撃の対象に含めてわれわれの安全と生存権を甚だしく威嚇、恐喝したし、毎年、合同軍事演習を行って朝鮮半島の情勢を周期的に悪化させた」と述べた。