「ウォルマートの水産加工品、北朝鮮労働者が作っていた」米AP通信

「夕食用にサケを買ったら、知らないうちに北朝鮮の核開発を助けていた」

米AP通信は6日、このような記述とともに、米国国内の大手スーパーで売られている水産加工品が、中国の工場で北朝鮮労働者の手によって生産されていた事実を大きく報じた。

繊維製品も輸入

中国の吉林省延辺朝鮮族自治州の琿春にある食品加工会社4社は、北朝鮮労働者を雇用し、ロシアなどから輸入したズワイガニ、サケ、イカを加工させ、米国のシートレック社、フィッシン・カンパニー社に輸出していた。