中国で謎の「韓国製品爆買い」に走る北朝鮮の幹部たち

国際社会の制裁で著しい外貨不足に陥っている北朝鮮だが、朝鮮労働党や軍、行政機関の幹部の贅沢三昧には変わりがないようだ。北朝鮮の各機関や企業の活動拠点となっている中国遼寧省の瀋陽では、北朝鮮の幹部が韓国製品を爆買いしていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

RFAは現地の情報筋の話を引用し、瀋陽のコリアンタウン、西塔周辺に住む北朝鮮の幹部たちが、市内の百貨店で中国でも金持ちしか買わないような高価な韓国製品を爆買いしていると伝えた。

西塔には朝鮮族百貨大楼と韓百商場という中規模の百貨店があり、少し離れた瀋陽北駅の北側には韓国系のロッテ百貨店がある。彼らはこのようなところでショッピングを楽しんでいるようだ。