北外務省、制裁決議を全面排撃

北朝鮮の外務省は13日に発表した報道で、国連安全保障理事会が11日(現地時間)に採択した対北朝鮮制裁決議2375号に対し、「わが国家と人民を完全に窒息させることを狙った極悪非道な挑発行為の所産としてしゅん烈に断罪、糾弾し、全面排撃する」と反発した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

今回、採択された制裁決議2375号には、北朝鮮への原油・石油精製品の輸出を制限し、北朝鮮製の繊維製品の輸入を禁じる内容などが盛り込まれた。