北朝鮮で待つ「拷問」と「重罰」…中国が脱北者を片っ端から逮捕

最近、中国の公安当局に逮捕される脱北者が続出しているが、先月、吉林省吉林市と河北省秦皇島市でも脱北者12人が逮捕され、北朝鮮に強制送還される危機に瀕している。

中国にいるデイリーNKの対北朝鮮情報筋によると、先月2日に吉林駅で脱北者7人が、14日には秦皇島市内で脱北者5人が逮捕された。いずれも車に乗って移動中だった。

今年6月に平安南道(ピョンアンナムド)の粛川(スクチョン)郡と平安北道(ピョンアンブクト)の龍川(リョンチョン)郡に住んでいた2家族が脱北する事件が起きているが、今回逮捕された12人にこの家族が含まれているかは不明だ。