北朝鮮、新型ICBM配備開始か

北朝鮮が、北部山間地域にあるミサイル発射基地と思われる施設の補修作業を行うと同時に、ミサイルを新型に取り替える作業を始めたと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

RFAは、両江道(リャンガンド)の情報筋の話として、北朝鮮当局が今年4月から、護衛総局傘下に入った第1工兵局(旧工兵局第1旅団)を三池淵(サムジヨン)郡の中心部と胞胎(ポテ)労働者区の間にあるミサイル地下発射基地に派遣し、補修作業を行わせていると報じた。

情報筋によると、この発射台は1999年から2002年の間に建設され、テポドン1号(白頭山1号)が配備されていたが、補修作業を機に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型に取り替えている。

当局は三池淵地区の建設工事の資材と偽って、鉄骨やセメントを深夜に搬入している。