金正恩氏にとって8月は、「怨念」のこもった月だ。

2015年8月、北朝鮮と韓国が対峙する軍事境界線の非武装地帯で、北側の仕掛けた地雷に韓国軍兵士2人が接触して爆発。身体の一部を吹き飛ばされる重傷を負う事件が発生した。

南北間の非難合戦は、すぐさま銃火の応酬に発展した。韓国軍が地雷爆発事件に対する報復として対北心理戦の拡声器放送を11年ぶりに再開すると、朝鮮人民軍前線司令部が「心理戦放送を中止しなければ、無差別に打撃を加える」との警告を出し、実際に2度にわたり計7発の砲弾を韓国に向け発射。これに、韓国側も応射したのだ。

爆発シーンの衝撃

その後も軍事危機はエスカレートし、一触即発の事態に発展。朝鮮半島には戦争前夜の空気が漂うことになる。