中国、制裁発効前から北朝鮮産の海産物を厳しく取り締まり

国連安全保障理事会は5日、北朝鮮産の石炭、鉄鉱石、鉛、海産物などの輸出を完全に禁じる内容を含んだ制裁決議2371号を全会一致で採択した。発効は採択から30日後だが、北朝鮮から中国への海産物輸出がすでに急減し始めたと、米AP通信が報じた。

北朝鮮国境に面した遼寧省丹東の商人と漁民によると、中国当局は4日から北朝鮮産海産物の取り締まりを強化した。罰金を恐れつつも北朝鮮との取引を続けている業者は少数に過ぎないという。

丹東市のデイリーNK情報筋によると、国境を流れる鴨緑江沿いの通りは深夜まで、公安局のパトロールカーが複数台行き来し、厳重な警戒を続けている。通常、国境警備は同じ公安局でも辺防部隊(国境警備隊)が行なうが、一般の警察車両まで動員されている異例の状況に、現地の貿易業者は当惑している。

一方で、小規模な取引、つまり密輸は依然として続けられている。