朝鮮人民軍戦略軍、弾道ミサイルで「グアムに対する包囲射撃を検討」

北朝鮮の朝鮮人民軍(北朝鮮軍)戦略軍の報道官(スポークスマン)は8日、米領グアム島の軍事基地を弾道ミサイルで包囲射撃する作戦を計画しているとする声明を発表した。9日、朝鮮中央通信が報じた。

声明は、米国の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン3」の試射、B-1B戦略爆撃機の朝鮮半島上空での訓練に対して、「われわれの戦略的対象物を狙った実戦核打撃訓練を公然と強行し、各種の核戦略装備をわれわれの目の前に投入して地域情勢を極度に激化させている」と指摘した。

(関連記事:北朝鮮メディア、B-1B爆撃機の朝鮮半島上空展開を非難

特に、B-1B戦略爆撃機の訓練については、「われわれをして米国の対朝鮮侵略の前哨基地、発進基地であるグアムを鋭く注視するようにしており、制圧、けん制のための有意義な実際の行動を必ず取る必要性を感じるようにする」と強調した。