北朝鮮「米国人、いつでも歓迎」…旅行禁止措置に反発

米国務省は2日、米国民による観光目的での北朝鮮への渡航を禁止する方針を公表した。旅行で北朝鮮を訪問した米国人学生オットー・ワームビア氏が拘束され、昏睡こんすい状態で解放された後に死亡した事件を受け、「米国民が逮捕されたり、長期間拘束されたりする深刻な危険性がある」と判断した。

今後は人道支援目的などを除き、米国旅券で北朝鮮へ渡航することを認めない。

これに対し、北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は4日、朝鮮中央通信の質問に答え、「世界で最も安定し、強固な国家社会制度を持つわが国には外国人が身辺の脅威を感じる根源自体がなく、これについてはわが国に来たことのある数多くの米国人を含む世人が一様に認めている」と反論。

そのうえで、「善意の感情を持ってわが国を訪れ、われわれの現実を直接見たがる全ての米国人にいつも門を開いている」とアピールした。