「核戦力をたっぷり味わえ」北朝鮮、米国を威嚇

北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は3日、米国が戦略爆撃機などを朝鮮半島に展開していることについて、「軍事的冒険に執着している」と非難した。朝鮮中央通信の質問に答えた。

米国は、北朝鮮が先月28日に大陸間弾道ミサイル「火星14」型を発射したのを受けて、B-1B戦略爆撃機2機を朝鮮半島上空に展開。また韓国政府とともに、高高度ミサイル迎撃システム「THAAD」の発射台4基を、在韓米軍に追加配備することを決めた。

これに対し報道官は「われわれが『火星14』型の第2次試射を断行したのは、(中略)われわれに対するいわゆる軍事的圧迫と極端な制裁威嚇をけん伝している米国に厳重な警告を送るため」であると指摘。

そのうえで「米国がわれわれの度重なる警告にもかかわらず、この地に悪臭漂う面を突っ込んで核の棍棒を引き続き振り回しながら間抜けなことをするなら、われわれが今まで見せた戦略核戦力の味をたっぷり味わうことになるであろう」と威嚇した。