北朝鮮、数学オリンピック不参加…「天才児」脱北の影響か

北朝鮮が、7月にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された国際数学オリンピックへの選手団の派遣を、見送っていたことがわかった。平壌科学技術大学のパク・チャンモ総長が、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)の取材に対して明らかにした。

北朝鮮はエントリーしていたものの、結果が示されていないことで参加見送りを知ったと語ったパク総長は、その理由として準備不足と昨年の脱北事件を挙げた。

常に上位に

2014年、2015年の2年連続で銀メダルを獲得した北朝鮮が誇る数学の天才、リ・ジョンヨル君は、昨年の香港大会に母国の代表として参加した際に宿舎を抜け出し、韓国領事館に駆け込んで亡命を申請。その2ヶ月後に韓国入りした。