タイに流入する脱北者、増加傾向に

タイに流入する脱北者の数が増加傾向にある。

ロイター通信は2日、タイ移民局のデータを引用し、昨年1年間にタイに到着した脱北者は535人だったが、今年は上半期だけで385人に達したと報じた。匿名を要求したタイ移民局の当局者は、タイの北部だけで毎週平均して2〜30人に脱北者がやって来ると語った。

ちなみに、タイ入国管理局のナタトーン局長は昨年1月、タイの英字紙「バンコク・ポスト」とのインタビューで、1年間に流入する脱北者の数は2000人前後に上ると述べている。タイ政府は2011年以降、流入した脱北者の数を公式発表していないため、2つの数字の乖離がいかにして生じたかは不明だ。

(関連記事:タイが、年間2000人の脱北者の経由地に

ロイター通信は、タイに入国する脱北者の増加は、核実験、ミサイル発射実験を巡り朝鮮半島情勢が緊張していることと関係していると見ている。

果たして、本当にそうだろうか。