北朝鮮外務省「米国は、人権不毛の地」

北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は13日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、米国が発表した人身売買に関する報告書に反発した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米国務省は先月27日、世界各国の人身売買に関する2017年版の年次報告書を発表。報告書で北朝鮮は、中国、イラン、ロシア、シリアなどとともに最低ランクに位置づけられた。

報道官は、「米国が毎年、『人身売買報告書』なるものをでっち上げて他国に訓戒しているのは、無分別な妄動だと言わざるを得ない」と非難した。