金正恩氏、「火星14」型開発に寄与したメンバーと記念撮影

北朝鮮の金正恩党委員長が、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型の開発に寄与したメンバーと共に記念写真を撮った。日時は不明。朝鮮中央通信が13日、伝えた。

「火星14」型開発に寄与したメンバーと記念写真を撮った金正恩氏(2017年7月13日付労働新聞より)
「火星14」型開発に寄与したメンバーと記念写真を撮った金正恩氏(2017年7月13日付労働新聞より)

金正恩氏は、「国防科学戦士が最強の戦略兵器、チュチェ弾をより高い水準でより多く、より速く開発、完成して朝鮮労働党の戦略的核強国建設構想を先頭に立って実現していく第一の旗手、先鋒闘士としての栄誉ある本分を全うする」との期待と確信を表明したという。