「米国はすべて踏みにじる」北朝鮮、対キューバ政策転換を非難

北朝鮮外務省は22日、トランプ米大統領が対キューバ政策の見直しを表明したことを受けて、「キューバの内部に不安定を生じさせ、キューバに対する封鎖をいっそう強めてこの国に樹立された社会主義制度を崩そうとするもの」だと非難する報道官声明を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

トランプ氏は16日、米国民のキューバ渡航規定の厳格化と、キューバ軍などが管理する企業との取引制限を柱とする新たな対キューバ政策を発表した。オバマ前政権が進めた制裁緩和策を転換した。

声明は、「1994年のクリントン政権時代に締結された朝米基本合意文をブッシュ政権がひっくり返し、オバマ執権時代に批准したパリ協定をトランプ行政府がまたひっくり返した」と指摘しながら、「米国は気にさわる全てを踏みにじる」と非難。

続いて「現情勢は、自主性を志向する全ての国の人民が米国の強権と専横を粉砕して真の国際的正義を実現するために団結と連帯をいっそう強化していくことを切実に求めている」などと主張している。