北朝鮮外務省局長がアンゴラ訪問

朝鮮中央通信は16日、北朝鮮外務省のホ・ヨンボク局長が最近、アンゴラを訪問して政府・与党の要人らと会談したと報じた。訪問の日時は明らかにされていない。

アンゴラは北朝鮮と40年以上にわたり友好関係にある。

ホ氏は一連の会談で、国連安全保障理事会の制裁決議の不当性を訴えたという。