北朝鮮の大気汚染による死亡率が世界で最も高いというデータが発表されたと、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じている。

世界保健機関(WHO)が発表した2017年世界保健統計によると、北朝鮮の大気汚染による死亡率は人口10万人当たり238.4人で、世界172カ国で最も高かった。これは韓国より10倍以上高く、中国よりも1.5倍高い数値だ。

家庭でも石炭

都市部におけるPM2.5とPM10の数値は、北朝鮮が31.4で、日本の12.4、韓国の27.8よりは高いものの、中国の58.5よりは低い。世界で最も高いのはサウジアラビアの111で、以下カタール、エジプト、クウェートなど、砂漠に囲まれた環境の中東諸国が続く。