中国誌「平壌のマンション価格、6年で67%上昇」

市場化の進展に伴い、不動産市場が発展しつつあると伝えられる北朝鮮。

中国の週刊誌、三聯生活週刊の5月3日号は「朝鮮、この6年」と題して北朝鮮特集を組んだ。その中で、平壌のマンション価格がこの6年で67%上昇したと報じている。

記事は、平壌市内のマンション価格は2010年には1平米3000元(約4万9000円)だったが、2016年には5000元(約8万2000円)に達したとしている。

中国の首都、北京の西城区のマンション価格13万元(約214万円)には遥かに及ばないが、北朝鮮と国境を挟んで向かい合う遼寧省丹東の5100元(約8万4000円)や、吉林省延辺朝鮮族自治州の4700元(約7万7000円)とほぼ同じレベルだ。(いずれも城市房産調べ)