安保理、北ミサイル非難の報道声明

北朝鮮による14日の弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会は15日(日本時間16日午前)、安保理決議の重大な違反だとして発射を厳しく非難する報道機関向けの声明を発表した。北朝鮮を非難する安保理の声明は今年6回目となる。

声明は、弾道ミサイル発射を非難するとともに、各国に対して安保理の制裁決議を完全に履行するよう求めた。

国連安保理では17日午前に、緊急会合を開く。日米韓3カ国の要請を受けたもので、非公開で開かれる予定だ。