正恩氏、新型ミサイル試射を現地指導

北朝鮮の金正恩党委員長は14日、新型の地対地中・長距離戦略弾道ロケット(ミサイル)「火星12」型の試射を現地指導した。朝鮮中央通信が15日、報じた。同通信によると、試射は成功したという。

同通信は、「発射されたロケットは予定の飛行軌道に沿って最大頂点高度2111.5キロまで上昇飛行して距離787キロの公海上の設定された目標水域を正確に打撃した」と報じた。