北朝鮮メディア、韓国大統領当選の結果を2日遅れで報じる

南朝鮮で第19代「大統領」選挙

 【平壌5月11日発朝鮮中央通信】南朝鮮で5月9日、第19代「大統領」選挙が行われた。

今回の選挙は、かいらい政治史上、前代未聞の罪悪を働いた朴槿恵逆徒が南朝鮮人民の一様な要求によって「大統領」の職から罷免されたことで、早期に行われた選挙であった。

選挙には、共に民主党候補の文在寅、国民の党候補の安哲秀、「自由韓国党」候補の洪準杓、「正しい政党」候補の劉承旼、正義党候補の沈相奵など13人の候補が出馬した。

今回の選挙では、共に民主党候補の文在寅が41%の得票率で第19代「大統領」に当選した。---