正恩氏、米国のシリア攻撃を糾弾

北朝鮮の金正恩党委員長は17日、シリア独立71周年に際し、バッシャール・アサド大統領に祝電を送った。同日、朝鮮中央通信が報じた。

金正恩氏は祝電で、「この機会に、最近、貴国に対する米国の乱暴な侵略行為を糾弾しつつ、シリア・アラブ共和国政府と人民の正義の偉業に再度固い支持と連帯を表す」としながら、米国のシリア攻撃を糾弾した。