デイリーNKジャパン編集部は3月、北朝鮮の政治犯収容所で22年に及ぶ時を過ごした末、韓国へと脱出した女性、パク・クモクさん(30)のインタビューを行った。パクさんは0歳だった1988年、家族と共に平安南道(ピョンアンナムド)の北倉(プクチャン)郡にある18号収容所に収容され、2009年まで同地で過ごした。

石を投げボロボロに

脱北者の証言、人工衛星が撮影した画像の分析などを通じ、北朝鮮には現在、最低でも5つの政治犯収容所が存在することが分かっている。それぞれの収容所はひとつの市にも匹敵するほどの巨大なもので、韓国の政府系シンクタンク・統一研究院によると、収容者数は2013年時点で8万~12万人に及ぶ。