北朝鮮メディア「朴槿恵に同情するのは茶番劇」

北朝鮮の朝鮮中央通信は12日、「かいらい保守一味が拘置所に押し込まれた朴槿恵に対する同情世論をつくり出そうとお粗末に振る舞っている」としながら、朴槿恵元大統領を支持する韓国保守派を非難する論評を配信した。

論評は、「『大統領弾劾無効国民抵抗総決起運動本部』など親朴の連中は、『朴槿恵を守ろう』『国をこの状況に作った人々を審判すべきだ』と連日青筋を立てながらあちこちで朴槿恵を同情して涙を絞る茶番劇も演じている」と指摘。

また、「保守一味が朴槿恵の境遇を嘆いて絞る偽り涙は、これまでの4年間、逆徒の無知非道な悪政のいけにえになって不幸と苦痛の中で身もだえしながら流した南朝鮮人民の血の涙に対する冒とく、挑戦である」と主張した。

さらに、「朴槿恵が史上初めて罷免された前職『大統領』という汚名を着て拘置所に押し込まれたのは、前代未聞の罪悪を働いた悪女に与えられた当然な結果である」と強調した。