北朝鮮の新入社員が強制されなければ出勤しない理由とは?

北朝鮮では、高等中学校(高校)や大学を卒業すれば、個人の意向とは関係なく、国に割り当てられた機関、工場、企業所に就職する。そして、職場を通じて食料品や日用品などの配給を受け取る形を取っている。職業選択の自由もなければ、働かない自由もなく、働かなければ食べていけないシステムだ。

そればかりか、無職でいることは犯罪だ。北朝鮮の行政処罰法には、次のような項目がある。