国連、北朝鮮人権決議案を12年連続で採択

スイスのジュネーブで開かれている国連人権理事会第34回会議で24日(現地時間)、北朝鮮人権決議案が無投票で採択された。

北朝鮮人権決議案は、日本と欧州連合(EU)が主導して毎年提出している。同様の決議案採択は2005年から12年連続となった。

北朝鮮はこの日の会議に出席せず、中国とロシア、キューバ、ベネズエラなどの6カ国が特定の国の決議案に反対するという立場を明らかにしたが、どの国も採決を要求しなかった。