韓国と北朝鮮の貿易、核・ミサイル発射受け「ゼロ」に

昨年の韓国の対北朝鮮貿易額は輸出入の合計で3億3300万ドルとなり、1999年(3億3300万ドル)以来最も少なかった。韓国統一省が20日に発刊した「2017統一白書」で明らかにした。

韓国側の輸入額は1億8600万ドル(約209億円)で、輸出が1億4700万ドル。前者は全額が、後者は99%が開城工業団地の操業中断(昨年2月)以前のものだった。

北朝鮮が4回目の核実験に続き事実上の長距離弾道ミサイル発射を行い、韓国政府が対抗措置として開城工業団地の操業を中断した後は貿易が事実上ゼロになった形だ。