北朝鮮メディア「米韓軍は核強国の照準鏡内に入っている」

北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、現在行われている米韓合同軍事演習に対して「わが軍隊の強力で威力ある超精密打撃手段の照準鏡内に入っている」と主張する論評を配信した。

論評は、「米国は、合同軍事演習の延長線で先日、悪名高い最精鋭テロ部隊と呼ばれる米海軍特殊戦団『シールズ』部隊、米陸軍特殊部隊『グリーンベレー』、デルタ部隊など、米連合特殊作戦部隊まで総動員して『平壌浸透』『斬首作戦』の準備、われわれの軍事指揮機構無力化などを狙った歴代最大規模のヒステリックな軍事演習を行っている」と指摘。

これに対して、「反帝・自主の道へ力強く前進するわが共和国をなんとしても抹殺しようとする米国の核戦争策動のエスカレートであり、侵略的な敵視策動の明確な発露である」と非難した。

さらに、「核火薬庫同様の南朝鮮で危険極まりない戦争演習に狂奔する米国こそ、朝鮮半島をはじめとする北東アジアの平和と安定を破壊する張本人、情勢激化の主犯である」と主張した。

そのうえで、「現在、演習に動員された原子力空母をはじめ敵対勢力のすべての戦略資産は、わが軍隊の強力で威力ある超精密打撃手段の照準鏡内に入っている」と強調した。