SWIFT、北朝鮮の全銀行のアクセスを遮断…国連制裁に対応

銀行間の国際決済ネットワークを運営する国際銀行間通信協会(SWIFT)が、北朝鮮のすべての銀行を、銀行間の決済に必要な通信サービスにアクセスできないようにする。

SWIFTの通信サービスから排除されると、輸出入の代金の受け取りや支払いが困難になり、貿易面で大きな打撃を受ける可能性がある。

国連は2月に公表した報告書で、北朝鮮の銀行が国際的な金融システム網を引き続き活用しており、核兵器開発などを巡る経済制裁から逃れていると指摘していた。