金正男氏殺害容疑者を国際指名手配

金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件で、マレーシア警察が行方を追っている北朝鮮籍の4人について、国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)が殺人容疑で国際指名手配した。

国際指名手配されたのはオ・ジョンギル、リ・ジェナム、リ・ジヒョン、ホン・ソンハクの4容疑者。4人は主犯格と見られ、既に逮捕、起訴されているドアン・ティ・フォン、シティ・アイシャの2容疑者に猛毒の神経剤であるVXを手渡し、金正男氏の殺害を指示した疑いが持たれている。

国際指名手配はマレーシアが先月、ICPOに対して行った捜査協力要請に基づくものだ。マレーシア警察のハリド長官は記者からの質問に、4人の身柄をインターポール経由で確保することを期待していると述べた。

4人は、犯行直後にトイレで服を着替え飛行機に搭乗し、それぞれ別のルートを経て北朝鮮に帰国したと見られている。

ICPOは、世界190カ国が加盟している警察の国際協力のための組織だ。しかし、北朝鮮は未加盟である上に、国際指名手配は強制力を持たないため、容疑者の身柄確保につながるかは未知数だ。