北朝鮮メディア、米韓は「極悪非道な平和の破壊者」

北朝鮮の労働新聞は15日、米韓が13日から開始した合同軍事演習「キー・リゾルブ」と既に実施されている「フォール・イーグル」に対して、「公然たる宣戦布告」と非難する署名入りの論説を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、米韓合同軍事演習によって「朝鮮半島と北東アジア地域で核戦争勃発の危険が極度に増大している」と指摘した。

また、「米国とかいらい逆賊一味こそ核戦争の狂信者、極悪非道な平和の破壊者である」としながら、「(米韓が)核戦争の挑発を既定事実化し、それに拍車をかけているというのが明白になった以上、われわれが無為無策で座視するということは言葉にならない」と強調した。