北朝鮮の金正恩党委員長は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)戦略軍の火星砲兵部隊の弾道ロケット(ミサイル)発射訓練を現地で指導した。訓練は、前日(6日)に北朝鮮北西部の平安北道(ピョンアンブクト)東倉里(トンチャンリ)一帯から弾道ミサイル4発を発射したことを指すとみられる。

弾道ミサイル発射訓練を現地指導した金正恩氏(2017年3月7日付労働新聞より)
弾道ミサイル発射訓練を現地指導した金正恩氏(2017年3月7日付労働新聞より)

同通信によると、訓練に参加した火星砲兵部隊は、「有事の際、在日米帝侵略軍基地を打撃する任務を受け持っている」という。