13日に殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の遺体について、家族が引き渡しを求めているとマレーシアのオンラインニュースサイト、フリー・マレーシア・トゥディ(FMT)が報じた。

FMTは、マレーシア政府関係者の話として、金正男氏の2番目の妻が中国政府を通じて遺体の引き渡しを求めていると報じた。この要求は、マレーシア駐在の中国大使館を通じて、マレーシア政府に伝えられているという。

FMTは2番目の妻の名前には言及していないが、マカオ在住のリ・ヘギョン氏と思われる。リ氏は、メディアにも登場している金正男氏の息子、キム・ハンソル氏の母親だ。