北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄・金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件が、脱北者や、対北朝鮮ビジネスに関わっている中国人に大きな衝撃を与えている。その反応を米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

脱北者でソウル在住のイ・ヨンスンさん(仮名)は、外国でもよく知られた人物だけあって、比較的安全と考えていた金正男氏が殺害されたことについて「衝撃的だった」とし、金正男氏が北朝鮮の改革開放に舵を切る人物だったかもしれないと残念がった。

そして、「権力を奪われまいと見境なく人を殺している」「実の兄なのに、どうして殺せるのか」と金正恩氏を強く非難した。

同じく米国在住のハン・バウルさん(仮名)は、金正恩氏を次のように非難した。