北朝鮮の国民が、今年も「過酷なお正月」を過ごしている。

この時期、北朝鮮国民に強いられる最大の試練は、肥料を作るための「堆肥戦闘」、つまり「人糞集め」だ。1人あたり驚くほどの量をノルマとして課せられており、正月早々、人糞を求めてさまよい歩かなければならない。

女子大生を拷問

仮に何らかの方法で「人糞集め」から逃れたとしても、町の清掃などに無理矢理駆り出される正月の動員はまるで、終わらない「罰ゲーム」のようだ。