北朝鮮各地で「新年の辞」課題貫徹のための大衆大会

北朝鮮の朝鮮中央通信によると、金正恩党委員長が「新年の辞」で提示した課題を貫徹するための大衆大会が江原道(カンウォンド)、黄海南道(ファンヘナムド)、黄海北道(ファンヘブクト)、慈江道(チャガンド)、咸鏡北道(ハムギョンブクト)、両江道(リャンガンド)、南浦(ナムポ)市、羅先(ラソン)市で9、10の両日に行われた。地方の党・政権、企業所、農場、大学などの幹部と勤労者、青年が参加した。

同通信によると、各大会で報告や決意討論が行われ、「金正恩元帥の新年の辞は千万軍民の精神力と革命的気勢をさらに高調させて今年を最も意義深い民族史的出来事と英雄的偉勲で輝かせるようにする貴い指針、百勝の旗印である」と強調された。

また、「青年たちは社会主義強国建設の重要建設場に勇躍駆けつけて青春の知恵と勇猛をあまねくとどろかすことによって、青年がいるどこでも総攻撃戦のかん声が高く響くようにすべきだ」と述べられた。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。