北朝鮮の秘密警察である国家安全保衛部(現国家保衛省)の地方組織の悪行ぶりがまた明らかになった。秘密警察が脱北者の家族を持つある一家に濡れ衣を着せて拷問まで行ったと、両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。

拷問で顔面を串刺しも

秘密警察は、金正恩独裁政権を陰で支える要の機関だ。国民の一挙手一投足を監視し、強制収容所も運営する。建前はあくまでも反体制的な動きの取り締まりや治安維持。