どんなに親しい関係を築いた相手であっても、言うべきでない言葉というものがある。同様に、その人が自分のいないところで、自分に対して何を言ったか、知るべきでない言葉もある。

人間には感情があるから、理性とは別のところから言葉を発することが少なくない。人間はまた、反省したり後悔したりすることを知っているから、一度抱いた思いについて「私が間違っていたのではないか」と悔い改めることもある。だから、相手がどこで何を言っているかをあまり気にせず、大局的な付き合い方をした方が利益を生むことも多い。とくに、多くの人材の上に立つ国家指導者ともなればなおのことだ。

「喜び組」の役割

北朝鮮の金正恩党委員長はどうやら、こうしたことがまったくわかっていないらしい。