金正恩党委員長の生誕記念である1月8日が、今年も祝日として制定されなかった。自尊心が強く派手なイベントが好きな金正恩氏が、誕生日を祝日に設定できない最大の理由は日本にかかわることだった。

金正恩氏、ロッドマンと大はしゃぎ

北朝鮮国営メディアの朝鮮中央通信は昨年10月、「白頭山偉人称賛大会国際準備委員会」がアピール文で「来年1月、金正恩閣下の誕生日を盛大に慶祝(後略)」と報じており、今年は誕生日が祝われるのではないかとの見方が出ていた。そもそも金正恩氏の誕生日が1月8日であることは周知の事実だ。