北朝鮮、食糧配給が一時的に増加も依然として必要量に満たず

国連世界食糧計画(WFP)によると、北朝鮮当局が昨年12月に行った食糧配給が2016年の1年間で最も多かったという。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

WFPの担当者によると、北朝鮮当局は昨年12月、住民一人当り一日400グラムの食糧を配給した。これは昨年1月から3月までの370グラム、4月から6月までの360グラム、7月から9月までの300グラム、10月と11月の380グラムと比較して、2016年で最も多かった。ただし、この5年間で最も少ない量だ。

WFPは一人あたりの一日最低必要量を600グラムと定めている。400グラムでもまだ健康を維持するには足りないとしている。